保育園の子どもたち

保育理念

居心地の良い保育

この時期の子供たちは、毎日新しい経験をして何かを獲得しています。何かを獲得するために一歩勇気を出して冒険し、新しい世界に飛び込んでいきます。冒険する中で喜びを感じたり、時には傷ついたりすることもあります。そんな時に、子供たちと一緒に寄り添い、いつでも子供達が安心して自分の居場所だと思える場所、そんな子供達を包み込める保育園であることを心掛けております。

保育理念

1 挨拶をする子供

人と人との出会いは挨拶から始まります。気持ちの良い挨拶は、たくさんの人とつながることが出来ます。

2 思いやりのある子供

人と人とのつながりをさらに深めるためには、相手のことを自分のこととして考えられることです。みんなが思いやりをもって居心地の良い環境を作ります。

3 継続する子供

何かを達成するには一朝一夕ではなりません。多くの達成感を得てもらうために、あきらめずに少しずつ続けて、最後までやり抜く子供たちを目指します。

サントレ

言葉は子供達の心を豊かにする栄養であると言えます。言葉には、「徳性・情緒・感性を生み出す」「知的活動(理解・思考)の基盤」「コミュニケーションの基盤」という3つの役割があります。本庄保育園では「サントレ・言葉の教育」を、全ての学びに優先したい基礎教育として取り組んでいます。

柳沢運動プログラム

子供達が“動ける体”を身に付けて自分の体をコントロールすることはとても大切なことです。園では本プログラムで行うことで、跳び箱、逆上がり、縄跳び、側転などの体系化された運動あそびにつなげていきます。目的はあくまで、運動あそびを通して幼児の好奇心や、やる気、達成感、自信、集中力を育むことです。

音体教室

本庄保育園の音体指導は、ただ単に音楽を教えるだけではなく、感性をはぐくむ音楽教育であり、また、美しい姿勢や動作を習得でき、かつ集中力や持続力・協調性を身につけることができます。

年間行事

4・5・6月

  • 入園進級式
  • 春の親子遠足
  • 内科検診
  • 歯科検診
  • 保育参観
  • プール開き
image1

7・8・9月

  • 七夕まつり
  • お泊まり保育(年長)

10・11・12月

  • 祖父母会
  • 人形劇講演会
  • 運動会
  • いもほり
  • クリスマス生活発表会

1・2・3月

  • 内科検診
  • 豆まき大会
  • マラソン大会
  • ひなまつり集会
  • お別れ遠足
  • 卒園式

定例行事

  • お誕生日会
  • 一日保育士体験
  • 避難訓練
  • 手作りおやつ体験
  • 囲碁教室、ボール投げ教室(年長)

1日の流れ

乳幼児期は、人としての基礎作りのときです。 保育園での生活は、子どもたちの規則正しい生活リズムを形成するために「食事・睡眠・あそび」を中心として組まれています。 そのリズムの快適なくり返しによって、子どもたちはいきいきと生活し、元気に遊ぶことができます。

7:00~
時間外保育

8:30~
順次登園・遊び

10:00~
おやつ

11:15~
給食

12:30~
お昼寝

14:45
起床・おやつ

16:00~
帰りの会

~19:00
時間外保育

7:00~
時間外保育

8:30~
登園

9:15~
言葉の教育

9:45~
保育(運動プログラムや製作、音楽など)

11:30~
給食・歯磨き

13:00~
お昼寝

14:45
起床・おやつ

16:00~
帰りの会

~19:00
時間外保育